オンテックスが得意とする外壁工事の工法を紹介

外壁塗装のお助けマン

オンテックスの得意な室外工事

こちらでは、オンテックスが自社開発した工法や得意としている室外工事について紹介しています。オンテックス独自の工法を活用することで費用だけでなく施工期間も抑えることができます。

オンテックスの強み

作業員

OBP工法

外壁塗装はタイル・天然石貼り工法と吹き付け工法の二種類があります。これまでの外壁塗装では施工期間が長く、費用も高額になりがちでした。タイル・天然石貼りでは、一枚一枚材料を外壁に貼らなくてはいけないため、時間と人件費がどうしても高くなってしまいます。一方で吹き付け工法は、一度に外壁に吹き付けるので施工期間を短くすることはできますが、外壁の細かい塗り分けが難しく、どうしても平面的で単調な外観になってしまいます。また、タイル・天然石貼り工法ではその重さが家屋への負担となっていました。OBP工法はタイル・天然石貼と吹き付け工法両方のいいとこ取りをした工法です。この工法を用いれば、吹き付けなのに天然石やタイルを貼ったように見せることができます。そうすることで、吹き付け工法の期間が短いという点と、貼り付け工法の立体感のある外観を実現することができます。最新の工法で、あなたの家を綺麗にしていきましょう。

サイディングツートンカラー工法

サイディングの塗装工事とは外壁に張り付けた材料に色をつける方法です。一般的な工法では、この材料に色を塗るときに、材料と外装のでこぼこ面を塗り分けるととても時間がかかります。そのためすべての外装を1色で塗ることがほとんどです。しかし、STC工法を用いれば、材料のでこぼこ面を塗り分けることができます。色を塗り分けることで、光と影によって外壁に立体感が生まれ、よりクラシックな外壁を表現することができるようになります。

サーモテクトS

サーモテクトSを用いることで、ベランダや屋上の床を熱や汚れから守ることができます。具体的には赤外線を反射することで断熱効果を生むだけでなく、素材そのものの劣化を防ぎます。また、2液型変性シリコン樹脂を塗装液に使用することで、酸性雨やカビによる汚染に強い被膜をつくっています。さらには台風や降雪、気温の急激な温度差にも対応しており、被膜の下にあるコンクリートといった素材をあらゆる外的要因から守ります。また、サーモテクトSでは、中塗りにウレタン防水層を使用しています。中塗りにウレタン防水層を用いることで、コンクリートのひび割れや裂け目を上塗りの被膜に伝えず、防ぐことができます。こうすることで防水性を高め、塗装の美しさを長期間維持することができます。

太陽光発電

太陽光を用いれば、自家発電で電気を蓄えておくことができるため、電気料金を安く抑えることができます。また、オール電化にすれば、火を用いる必要がないため、育ち盛りのお子さんがいる家庭でも安心して調理をすることができます。さらに突然の停電に対しても、電力会社による電気の復旧を待つまでもなく、普段か蓄電した電気を用いていち早く家電が使えるようになり、電力が復旧するまでのつなぎのセーフティとして活用できます。屋根の工事の際にでも、取り入れてみてはいかがでしょうか